日本酒を知ろう!

日本酒を悪酔いせずに飲むには

居酒屋で提供されるお酒の定番といえばビールと日本酒ですよね。
日本酒は昔から日本人に親しまれてきたお酒であり、お祝いの席や飲み会で必ずといって良いほど口にします。
そこで今回は、日本酒を飲むときに知っておくとお得な、悪酔いしないコツについて詳しく見ていきましょう。
その他のお酒に比べて、日本酒を飲むと酔いやすいと感じる人はいませんか?

 

実のところ、お酒の種類による酔いやすさにはそこまで差がありません。
悪酔いと関わってくるのはアルコールの摂取量と呑んだときの身体の状態です。
日本酒は繊細な口当たりで非常に飲む安いのが特徴のお酒といえます。
料理にも合いますし、歓談しながらチビチビと杯を傾けるのにもピッタリです。

 

 

 

 

こうした特徴を持つ日本酒は、知らないうちにハイペースで飲み進めてしまうということがままあります。
醸造酒の中でもアルコール度数が高めであるにも拘わらず飲みやすい。
そんな日本酒の性質を理解したうえで飲むペースを管理する必要があるのです。

 

注がれたそばからお猪口を空にしなくてはいけない雰囲気もあるでしょうが、なるべくなら舌触りや香り、口の中での味の広がりを噛みしめてお飲みいただくと日本酒での悪酔いを防ぐことに繋がります。

 

日本酒だけでなくお酒全般で酔いやすいという人は、和らぎ水を用意することをおすすめします。
和らぎ水とは、いわゆるチェイサーとして飲むための水です。
日本酒を一口味わったら、すぐに水で喉を潤す。
これを繰り返すことで肝臓の負担を軽減し、悪酔いを防止することが出来ます。
日本酒の美味しさをより深く堪能するためにも、悪酔い予防に努めましょう。