温度と容器が日本酒を美味しくする

温度と容器が日本酒を美味しくする

日本酒は、非常に繊細なお酒です。
温度変化や保存方法によって味がすぐに変化してしまいます。

 

自分で日本酒を用意するよりも居酒屋の方が美味しく感じられるのは、
こうした細かい点に注意して日本酒を提供しているからです。

 

今回は、温度や容器で
日本酒の味がどのように変化するのかを具体的に知っていきましょう。

 

日本酒は温度が高いほど口にしたときの切れ味が大きくなる傾向にあります。
反対に、温度が低くなると香りや味がフレッシュになるのです。

 

日向燗や人肌燗と呼ばれる30〜40度くらいの日本酒は、
滑らかな味わいが特徴です。

 

温度が50度を超える熱燗や飛切燗は、
お米の香りが増すので日本酒の香りを楽しみたいという人におすすめです。

 

フルーティーな香りが強い日本酒については、
冷やすほど香りの切れ味が強くなるのでぜひお試しください。

 

温めた日本酒を徳利で提供する理由は、
日本酒の香りをより強く味わってもらうためです。
磁器で造られた徳利は、温度変化がゆっくりですから
お酌をする人に優しいのも特徴といえます。

 

銅で作られた徳利は、保温効果が高いので
時間をかけて熱燗を楽しみたい人は
こちらを採用している居酒屋を探してみましょう。

 

冷えている日本酒を飲むときは、
ワイングラスのように口が大きく開いている容器に入れることをおすすめします。

 

冷やされることで香りは落ち着きますが、
口の開いたグラスであれば香りが広がるため、
豊かな風味を感じられるのです。

 

なるべく薄めのガラスを使っているグラスの方が、
口当たりが優しくなることで美味しく感じられます。

 

温度や容器に気を付けながら、
居酒屋で日本酒を注文してみましょう。
ちなみに匠-たくみ- 浜松店というお店は日本酒が安くておすすめですよ。http://hamamatu-takumi.com/