居酒屋で試したい日本酒と料理

居酒屋で試したい日本酒と料理

料理とお酒の相性を探る場所として居酒屋ほど最適な場所はありません。
お酒の種類が豊富なのはさることながら、最近ではレストランかと間違えてしまうほど高品質な料理を提供するお店も多いのです。
今回は、そんな居酒屋でお試しいただきたい日本酒と料理の組み合わせを見ていきましょう。

 

日本酒と相性が良いおつまみとしてあまり知られていないのがチーズです。
チーズと日本酒の共通点はどちらも発酵食品であることです。
乳製品の熟成した香りや、舌の上で転がったときの塩気は日本酒の繊細な味わいにマッチします。
そんなチーズと合わせる日本酒は、チーズの風味に比例した味わいの物をチョイスしましょう。

 

フレッシュチーズであれば淡麗で軽やかな風味の日本酒がおすすめです。
反対に、スモークや長期の熟成によって濃厚な味わいになっているチーズに合わせる際には、日本酒も相応に寝かせた銘柄が良いでしょう。
イタリアンのように、バターやオリーブオイルといった食品をよく使う料理にも日本酒はお供として役立ちます。
良く冷やした純米酒をグラスに注ぎ、バターやオリーブオイルで味付けされた食物の後に飲んでみてください。

 

 

 

 

お口の中の脂っぽさを相殺しながら、お米の豊かな風味がお口の中で広がります。
舌触りとしては辛口タイプよりもやや甘めの方がおすすめです。
お肉料理と日本酒を合わせたいときは、酸味のある濁り酒をお試しください。
お肉の濃厚な味わいに負けない個性ある日本酒であれば、お互いの良さを引き立てながら新たなマリアージュを披露してくれます。
和食以外にも日本酒と相性抜群な料理はいくつもあるので、ぜひ皆さんも居酒屋で探してみましょう。