夏でも日本酒を飲みたいオススメの「夏酒」

夏でも日本酒を飲みたいオススメの「夏酒」

日本酒は新酒が冬の季節という事もあり、冬のイメージが強いですよね。
確かに冬に熱燗にして飲む日本酒は、文句なく美味しいと言えます。
しかし、日本酒の需要が落ちてしまう夏にこそ飲んで欲しいと、夏酒と呼ばれる商品が近年増加傾向にあります。
ちなみに夏酒とは、厳密な定義はなく、2007年頃から各メーカーが商品のキャッチコピーやイベントで使われるようになった言葉です。
ですが夏に飲むのが美味しいお酒が夏酒として選ばれています。

 

夏酒の特徴は、夏酒はロックやソーダ割で飲む事が多いため、アルコール度数は15度前後の原酒である事。
爽やかな後味になるように、酸味がある事など、スッキリ、さっぱり、冷やして飲むと美味しい事が条件に挙げられます。
傾向としては、吟醸系や生酒の商品が多いと言えます。

 

ではそんな夏酒にピッタリの日本酒をいくつか紹介します。
秋田の「まんさくの花」は、夏になると夏限定の祭ラベルが販売されます。
商品名通り、夏祭りの余韻にひたりながら飲んで欲しい、そんなお米の旨みが凝縮された日本酒です。

 

福岡の「いなびかり」は、すっきりとした味わいと、リンゴ酸の甘みと酸味が美味しい日本酒です。
冷やして飲む方が美味しいので、まさに夏酒にぴったりです。

 

石川の「天狗舞」は、夏限定の超辛口純米酒です。
辛口ですがさっぱりとした口当たりで、切れ味のいい日本酒です。

 

夏はビールという人も多いかもしれません。
ですが、夏だからこそ冷やして美味しく、爽やかな後味の夏酒もビールに負けず劣らずお勧めのお酒だと言えます。
先日利用した渋谷 チーズバル fはイタリアン系のお店でしたが日本酒も美味しかったです。