日本酒好きな相手を接待する場合

日本酒好きな相手を接待する場合

日本酒好きな相手を接待する場合、お店選びは非常に難しいと言えます。
なぜかというと、日本酒は種類が多いので、接待相手が好む日本酒が置いてあるかどうか分からないためです。

 

そのため出来れば、どのようなタイプの日本酒が好きなのか情報収集しておきたいところです。
あとは店主が利き酒師の資格を持ち、日本酒を厳選して選んでいるなど、拘りの品揃えのお店を選ぶといいかもしれません。

 

そして接待ではお酒だけでなく、料理の美味しさも必要条件となります。
他にも込み入った商談をする場合は、個室を選ぶ必要があります。
 

 

プロジェクトの打ち上げなどであれば、オープンな雰囲気のダイニング席の方が喜ばれるでしょう。

 

接待は、個室さえあればOKという固定観念を持ってはいけません。
接待の目的やクライアントのパーソナリティーによって、選ぶお店の雰囲気は変わったくるためです。

 

ですがこれだけお店選びに条件が加わると、お店選びに困ってしまいますよね。
ネットを活用すれば、お店の情報自体は簡単に集める事が可能です。
ですがあまりネットの情報だけを鵜呑みにすると、お店の雰囲気まで分からないので注意が必要です。

 

お店選びに迷った時に相談したい相手が、秘書課です。
秘書課の人達は、接待経験が豊富なので、接待にオススメのお店をたくさん知っています。

 

接待相手の年齢や役職、目的や食やお酒の好みなど詳細を伝えて、接待に選ぶお店を相談してみましょう。
秘書課がない会社であっても、営業マンや食通の同僚などに相談してみて下さい。
1人で考えているよりも、相談する事でいい結果につながる可能性があります。