精米歩合と日本酒の味わい

精米歩合と日本酒の味わい

居酒屋で飲まれる定番のお酒といえば、日本酒ですよね。

 

お米作りが盛んな日本において、
上質な日本酒が生まれるのは必然といえるでしょう。

 

日本酒を造る際には、
収穫したお米をそのまま使うということはありません。
精米という作業を加えることで、
お米の風味をより引き出すことが不可欠なのです。

 

どれくらいお米を精米したか。
これを精米歩合といいます。

 

精米歩合はパーセントで表され、
これによって日本酒の味わいも大きく変化します。

 

精米歩合30パーセント、
すなわちお米の表面を7割近く精米した日本酒は、
スッキリとした口当たりと透明感のある風味が特徴になります。

 

精米歩合が50パーセントになると、お米の香りを強く感じられます。

 

本醸造酒と呼ばれる日本酒は精米歩合が60パーセント近いため、
お米の香りが強いお酒として人気を集めているのです。

 

もっと味が濃い日本酒を飲みたいという人は
精米歩合が70パーセントを超えるお酒を注文してみましょう。

 

初心者の方には香りが強すぎるように感じるかもしれませんが、
おつまみや料理と組み合わせると美味しいのでぜひお試しください。

 

精米歩合を詳しく知りたいという人は、
日本酒の瓶がたくさん並んでいる居酒屋やバーを訪れると良いでしょう。

 

精米具合については、日本酒のラベルに記載されていますから、
店主に尋ねれば簡単に確認出来るからです。

 

いくつかの日本酒を比べて飲むことが出来る居酒屋では、
味の違いを感じるために精米歩合で日本酒を選ぶのも良いでしょう。

 

美味しい日本酒を飲みたいという人は、
精米歩合をキーワードに日本酒をチョイスしてみてください。
日本酒と和食のマリアージュが素晴らしい居酒屋はこちら