悪酔いを防ぐ日本酒の飲み方

悪酔いを防ぐ日本酒の飲み方

日本酒などの醸造酒は、
ウィスキーを代表とした蒸留酒に比べて酔いやすい傾向にあります。

 

製造過程の違いから、
醸造酒の方が不純物の含まれる割合が高く、悪酔いしやすいのです。

 

しかし、蒸留酒よりも日本酒の方が好きという人もいますよね。
落ち着いたお店で和食を堪能した後は、こちらのような賑やかなお店で楽しみたくなりますね。
居酒屋やバーで日本酒を飲むとき、
どうすれば悪酔いせずに済むのか見ていきましょう。

 

日本酒のみを飲むのではなく、
事前にお腹をある程度満たしておくと肝臓にかかる負担が小さくなるため、
二日酔いや悪酔いを予防してくれます。

 

チェイサーと一緒に日本酒を飲むというのも、酔いを予防するには効果的です。
蒸留酒などのアルコール度数が高いお酒につきものと
思われがちなチェイサーですが、
お口の中をスッキリさせながら肝臓への負担を和らげてくれるため
非常におすすめです。

 

お口の中がスッキリするということは、
1杯ずつの味わいをきちんと確認しながら飲めるということです。

 

最近ではいくつかの日本酒をお猪口1杯から飲み比べられるバーや
居酒屋も増えていますから、
このようなお店ではチェイサーが不可欠といって良いでしょう。

 

居酒屋やバーによっては、こちらが注文しなくても
チェイサーを添えてくれるところもあります。

 

チェイサーにおすすめなのは、お酒に使われているのと同じ水です。
そういった水が居酒屋やバーにないならば、
ミネラルウォーターでも充分に酔い止めの効果を期待出来ます。

 

お水の中にすだちやレモンなどの柑橘類を絞っておくと、
おつまみやお酒の味をよりはっきりと感じられることでしょう。

 

悪酔いを防ぎながら、美味しい日本酒を楽しみましょう。