日本酒初心者は居酒屋でデビューしよう

日本酒初心者は居酒屋でデビューしよう

例えば今までお酒と言えば、ビールやチューハイばかり飲んできたけれど、そろそろいい大人だし、日本酒デビューしたい。
そんなふうに思っている人もいるかもしれません。
そして日本酒デビューをするなら、居酒屋をオススメします。

 

なぜかというと、日本酒バルや日本酒専門店だと、本当にたくさんの種類の日本酒が取り揃えてあります。
自分の好みの味の傾向すら知らない状態で、いきなり行くのは難易度が高いと言えます。

 

また最初は手軽に楽しめるように、居酒屋に流通しているメジャーな日本酒の味から覚えていった方がいいでしょう。
また友達と数人で、居酒屋に出かけた方が、1人で行くよりもいろんな種類の日本酒を注文する事が出来ます。

 

日本酒の場合、メニューに載っている注文単位が、ビールやチューハイのようにグラス1杯単位とは限りません。
小瓶1本を注文して、飲み切るスタイルも多いので、1人で行くとあまり種類を楽しむ事が出来ないので注意して下さい。

 

では居酒屋で取扱いされていて、初心者にオススメの日本酒をいくつか紹介します。
「浦霞」は宮城県産のお酒です。日本酒らしい日本酒の味をしていて、お米のいい香りがします。
香りは甘いですが、後味はスッキリとしているので、女性でも飲みやすいと言えます。
コスパ的にもお手頃価格で、大手スーパーでも取り扱いされているので、宅飲みにもオススメです。

 

「澪」は、スパーリングの日本酒で、甘くて飲みやすいお酒です。
松竹梅という大手日本酒メーカーが販売しているお酒なので、リーズナブルな価格で販売しています。
ただし、甘みが強い事もあり、注文するおつまみは相性を考えなければいけません。