酒器について

酒器について

お酒を飲むことが多い方は、それぞれ好みのお酒があると思います。

 

「日本酒が好き」という方は、
いくつもの日本酒を試している方が多いのではないでしょうか。
「自分好みの日本酒を探している」という方もいるかもしれませんね。

 

そんな方は、お酒を飲む際の酒器にこだわっていますか。
実は、日本酒はどういった酒器を選ぶかによっても、
味の感じ方が変わってくるんですよ。

 

では、日本酒を飲む際に用いる酒器についてご紹介しましょう。

 

日本酒を飲む際には、お猪口を使っている方が多いと思います。
このお猪口は、日本酒が口に入ってきた時の舌の辺り具合が丁度良く、
日本酒を味わいやすい酒器となっているんですよ。

 

居酒屋などでは、蛇の目がついたお猪口を使用しているところも多いですが、
この蛇の目のお猪口は濁り具合などをチェックしやすいため、
理想的な酒器とも言えるんですよ。

 

お猪口で飲む際には、7分目まで注ぐのが理想的。
寒くなると、熱燗などにする方も多いと思いますが、
温度が高いお酒の場合には、香りが逃げる平皿タイプの酒器を選ぶことで、
より香りを楽しみながら堪能することが出来るでしょう。

 

最近では、日本酒をワイングラスやシャンパングラスなどで
楽しむお店なども増えてきていますが、
冷たい日本酒であればこういったグラスでも香りを楽しみながら、
堪能することが出来るでしょう。

 

日本酒は、このように酒器によっても味わいが変わってきますから、
お店や自宅で試してみてはいかがでしょうか。

 

自宅で日本酒を楽しむ際には、いくつかの酒器で試しながら、
「この日本酒には、この酒器が合う」といった発見をするのも楽しいですよ。

 

梅田で日本酒がおすすめの居酒屋はこちら