女子会で選びたい日本酒のポイント

女子会で選びたい日本酒のポイント

女子会では、オシャレを演出するワイン、飲みやすさからカクテルが選ばれる事が多いかもしれません。
ですが最近は、女性の間でも日本酒の人気が高まりつつあります。
日本酒初心者の場合、どの日本酒を選べばいいのか分からないという人も多いでしょう。

 

だからこそ女子会で、色々な日本酒をみんなで試してみてはいかがでしょうか?
女子会で選びたい日本酒のポイントは、メンバー全員が美味しく飲める事と見た目です。

 

日本酒のラベルも筆文字の渋いラベルよりも、可愛いラベルを選ぶ方が盛り上がります。
ではそんな2つの条件に該当する日本酒を紹介します。

 

まず酒蔵には珍しい女性の社氏が製造した「越生梅林」です。
女性の視点で製造されているため、ラベルも梅の花の模様が可愛らしい仕上がりです。
そして味は、口当たりが軽く甘口なので、ワインに近い感覚で日本酒を飲む事が出来ます。

 

また飲み方に拘ってみるのもいいかもしれません。
例えば、「越後蔵元純米吟醸 仲汲」は、淡麗でフルーティな味わいです。
そのためフルーツとの相性がいいので、グラスにイチゴを浮かべてイチゴ酒なんてオススメです。

 

日本酒ではありませんが、ワインにフルーツを入れるサングリアという飲み方があります。
それのマネをして、日本酒にイチゴを入れて飲むと、イチゴの酸味と甘さが日本酒と相性抜群です。
しかも見た目も可愛いので、女子会らしいお酒だと言えるのではないでしょうか?

 

女子会と言えば、おしゃべりを楽しむために開催されますが、お酒を飲む事でより口が滑らかになり、女子会を盛り上げてくれるはずです。

 

前に女子会した時の話しですが、ほのか所沢店の日本酒がかなり美味しかったです!