日本酒に合うイタリアン

日本酒に合うイタリアン

居酒屋やファミリーレストランなど、様々な場所で提供されるイタリアンは、
もはや日本の食文化に欠かせないものといっても過言ではありません。
三宮駅周辺にはイタリアンが美味しい個室居酒屋が多いです。

 

もう1つ日本人の食文化に不可欠なものを挙げるとしたら、それは日本酒です。
実のところ、最近ではこの2つを同時に楽しむのがひそかなブームになっていることをご存知でしたでしょうか?
今回は、日本酒と相性の良いイタリアンについて詳しく見ていきたいと思います。
初めに確認しておきたいのが、イタリアでよく飲まれるワインと日本酒の共通点です。
どちらも糖分を含む素材を発酵させたお酒であることから、アルコール度数も比較的近くなっています。
つまり、お酒としての風味が多少違っているだけですから、
料理の選択次第でイタリアンと日本酒を合わせても非常に美味しくいただけるのです。

 

次に日本酒の特徴を見ていきましょう。
日本酒はワインに比べて渋みの要素が少なく、甘みが高い傾向にあります。
この点を鑑みて、日本酒の甘さがより引き立つ、塩辛い味付けのイタリアンを合わせてみましょう。
コショウに効いたイベリコ豚のステーキやアラビアータなど、
甘めのワインと合わせたくなるようなイタリアンであれば、日本酒の甘みをより美味しく感じられます。
また、南イタリアを中心とした魚介を用いたイタリアンには、お米の風味が強く感じられる純米酒を合わせると良いでしょう。
純米酒はお刺身との相性が良いため、魚介を使ったイタリアンとの相性が抜群なのです。
ワインや和食との相性を手掛かりにしていくと、
ご紹介したようにイタリアンと日本酒の相性の良さがより鮮明になります。
今度イタリアンを食べるときは、ぜひ日本酒をお供にしてみてください。