熱燗を工夫して、さまざまな味を楽しもう!

熱燗を工夫して、さまざまな味を楽しもう!

居酒屋で日本酒と言えば、キリっと冷えた冷酒!と、ポリシーを持たれる方もいるでしょう。
とはいえ、日本酒といえば熱燗を忘れてはいけません。

 

独特のあの濃厚な香りと味わいは、
他のお酒では味わうことができない、特別なものがあります。
しかしながら、熱燗とひとことでいっても、その種類はさまざまです。
ここでは、さまざまな熱燗の種類を紹介しましょう。

 

●しょうが酒
体を温める食材、として常々注目されているのが、生姜です。
独特の辛味がさまざまな料理の味を引き立てる、便利食材ですが、
これが熱燗とも相性抜群。

 

すりおろした生姜の熱燗を注ぐだけで、一気に美味しさが広がる、生姜酒の出来上がりです。
ちょっとだけ、疲れてる時など体がぽっかぽかになるので、おすすめですよ。

 

●蟹酒
新鮮な蟹の身に蟹ミソダレをたっぷりつけて、食べたあと、熱燗で一杯。
日本の冬が誇る最高の美味時間でもありますが、蟹酒というのをご存知でしょうか。
こちらは、蟹の甲羅に日本酒を入れ、網の上で温めてから飲むというものです。

 

さらに、焼いて香ばしくなった蟹の足などを入れ、
味を日本酒にうつして飲む方法もあります。
どちらも、至高の味わいで天にも上るうまさです!

 

●ひれ酒
やはり、日本酒で熱燗といえばひれ酒。
居酒屋によっては、さまざまなひれ酒が楽しめるのでおすすめです。
他には無い、独特のあの味わいが楽しめるのは、日本酒ならでは。
寒い季節だからこそ、ちょっとだけ楽しみながら、日本酒に舌鼓をしましょう。

 

熱燗が美味しい居酒屋といえばこちらです。http://niigata-agura.com/