日本酒の味比べ方法

日本酒の味比べ方法

皆さんは日本酒の味の違いを事細かに説明出来るでしょうか?
なんとなくお米の香りがする、ビールよりは飲みやすいなど、明確な日本酒の特徴しか感じられない飲み方は非常に勿体ないといえます。
女子会や合コンなどでも飲まれることの多い日本酒ですから、味の違いが判るというだけでも一目置かれるのです。
そこで今回は、日本酒の味を比べるための飲み方や、自分にあった日本酒の餞別方法を詳しくご紹介します。

 

日本酒で重要なのは、香りと舌触り、喉越しの3点です。
お猪口に注がれた日本酒はまず香りをじっくりと堪能してください。
お米の匂いが強ければ純米酒、フルーティーな風味が漂っているならば吟醸酒である可能性が高いといえるでしょう。
淡麗な日本酒の場合は液体の色が透明で、熟成された日本酒は薄い黄色や褐色であるという特徴も頭に入れておくと味を比較するうえで役立ちます。

 

香りを楽しんだらいよいよ実飲です。
軽く舌にのせてから口全体に広げるように動かし、喉を通過させます。
これはまだ舌触りと風味を味わっただけなので、今度は舌よりも喉に流し込むイメージでお猪口を傾けてください。
喉を通ったときの感触や、呑みこんだ後に鼻へと戻ってくる匂いも日本酒の特色なのです。
日本酒の味比べをする際には、上記のような点に注意しながら様々な日本酒を味わってみましょう。

 

何度か繰り返しているうちに、舌や喉が各日本酒の特徴を覚えていきます。
スッキリとした味わいの淡麗な日本酒や、香りが後まで残る芳醇な銘柄など、自分の好みにあったものを探すのも良いでしょう。
日本酒の飲み比べ方法を実践して、その奥深さを体験してみてください。