温度の違い

温度の違い

「日本酒を飲む機会が多い」という方の中には、
その時々の季節や気分などで、
温度を変えて日本酒を楽しんでいる方も多いと思います。

 

夏場には冷やで楽しんでいる方も、
冬場になると熱燗を楽しむ方も多いのではないでしょうか。
こういった、季節に応じて温度を変えて楽しめるというのは、
日本酒の魅力の一つでもありますよね。

 

では、日本酒の温度の違いについて、ご紹介しましょう。

 

まず、日本酒というのは温度によって味わいもそれぞれ変化します。
お酒によっては、最適な温度なども変わってきますから、
その温度を見つけていくのも楽しみの一つといえるでしょう。

 

一般的には、65度から80度まで沸騰させた日本酒のことを煮酒と呼んでいます。
煮酒は、甲羅酒や骨酒などに向いている飲み方。

 

55度前後で温めるのは熱燗と呼ばれており、
日本酒の味わいが楽しめる飲み方となっています。

 

ぬる燗は、40度前後に温めたものとなっており、
甘味を増したり、滑りが良くなる飲み方と言われています。

 

常温冷は、20度から20度前後となっており、うまみを感じやすい飲み方。

 

冷酒は10度前後となっており、
10度前後まで冷やしたものは花冷え、
5度前後まで冷やしたものは雪冷えと呼んでいます。
夏場などにさっぱりと味わいたい時には、魅力的な飲み方といえるでしょう。

 

このように、日本酒を飲む際にはどういった温度で飲むかによっても、
かなり味わいが変わってきます。

 

季節によって、気分によって、環境によって
日本酒の温度を変えてみることで、
新たな味わいを発見できるかもしれませんね。

 

銀座の美味しい日本酒と和食のお店