日本酒を知ろう!

日本酒の種類を知って、居酒屋を楽しむ!

居酒屋、といえば当然お酒を嗜む訳ですが、どうせなら美味しいお酒を楽しみたいものです。
実は今、居酒屋はもとより、さまざまな飲食店で日本酒が人気です。
フランスの三ツ星レストランにまで吟醸酒が置いてある、というのですから、
本当に世界的なお酒となったことに間違いはありません。

 

さて、そんな日本酒ですが、実は種類がとても豊富です。
細分化していくと、とても細かくなりますが、大きく分けて4つほどあるので、
覚えておいて損はないでしょう。
お酒の知識が増えると、立川の居酒屋での宴会がさらに楽しくなると思います。
ここでは、日本酒の種類をざっくりと紹介していきます。

 

●醸造酒
日本酒は、その造り方で種類が分けられています。
あまり、気にしたことが無いかもしれませんが、
醸造酒、本醸造、吟醸など必ずメニュー表に記載があります。

 

その中でも、醸造酒は米、米麹にアルコールを添加したものです。
味わいは、どちらかという濃厚であり熱燗などに向いています。
味が濃厚な料理などに合わせると美味しく楽しめます。

 

●吟醸酒
吟醸酒は、米と米麹だけを使った純粋な日本酒です。
味わいは、どちらかというとスッキリタイプで、女性でも飲みやすいタイプです。
前菜はもちろん、焼き魚などクセのある料理も
スッキリと口の中を洗い流してくれるような飲み口が魅力ですね。

 

●大吟醸
日本酒は、米を磨いてく作業があり、精米歩合と言います。
これが、より磨かれて時間をかけて作られたものが、大吟醸です。

 

特別純米大吟醸など、その蔵元によっても呼び名はさまざまですが、
まさに水のようにスッキリしており、デザート酒のような甘さも感じられます。
こちらは、ツマミ要らずでも飲めますので、シメの一杯としても楽しめます。
日本酒の飲み合わせが分かると、ぐっと居酒屋も楽しめます。

 

ぜひ、勉強してみてはいかがでしょうか。

料理に合わせて日本酒を飲もう!

日本人であれば、居酒屋で日本酒を楽しみたいところです。

 

オヤジくさい…と、言われていたのも昔の話で、
今は洗練された日本酒が多く出回り女性にも大人気なお酒として脚光を浴びつつあります。
 

 

さて、そんな日本酒なのですが、
一体どんな料理に合わせると、より美味しく楽しめるのか、知りたくはないですか?

 

ここでは、日本酒がより美味しくなる、料理との相性を紹介していきましょう。

 

●すきやきなどの甘口
寒い冬、どうしてもスキヤキなどが提供される居酒屋に足を向かわせたくなるものです。
砂糖やみりんなど、どっしり甘いスキヤキに合わせるなら、甘口の日本酒です。
辛口だと、合わないことは無いですが、どちらかというと味がバラバラに。
目には目を、ではありませんが甘口をチョイスすると成功しますよ。

 

●天ぷらは?
居酒屋の定番料理のひとつといえば、何といっても天ぷらではないでしょうか。
サクっと食べれるあの揚げ物は、日本特有の料理です。
そんな天ぷらを楽しむ場合、辛口がおすすめです。
塩味や油っぽさを上手に流してくれるので、おすすめなのです。

 

●旨味成分の強いものは?
帆立の炭火焼やウナギ、さらには濃厚な旨味を持つ刺身などは、
アミノ酸が多く含まれるため、味が濃く感じます。
そういったものは、濃醇タイプがおすすめです。
簡単いうと、泡盛のようなウォッシュ効果が期待できる味の日本酒でしょうか。
バランス良く、旨味を受け止めてくれるのでおすすめですよ。

更新履歴